UT's Blog

UT's Blog

CO2モニター測定中

新型コロナウイルスの第6波が猛威を振るっていますが、その中で稼働されているのが「CO2モニター」。教室のCO2濃度を測定してくれています。

CO2濃度が1200ppmを超えると、10分に1回アラームが鳴る仕組み。そして1500ppmを超えると「換気してください!」の合図です。

 

換気をすると5分も経たないうちに

一気にCO2濃度が下がっていきました。換気の重要性がよくわかります!

 

保健委員の生徒が毎日5回CO2濃度を測定して記録をしてくれています。

 

コロナ対策には手洗い・消毒・換気が重要です!

自分の身体は自分で守る!そんな手助けに役立ってくれればうれしいです。

 

〜公式Instagram 更新中〜

@uenomiyataishi_official

~上宮太子YouTubeチャンネル~

上宮太子YouTubeチャンネルはこちらから!

 

 

 

 

BACK